外国の通貨を売買 大学生で彼女を妊娠させてしまった場合
HOME > 大学生で彼女を妊娠させてしまった場合

大学生で彼女を妊娠させてしまった場合

大学生で彼女を妊娠させてしまった場合、もちろん経済力もありませんので「何で避妊しなかったんだろう」という後悔する気持ちが強いと思いますが、妊娠してしまったことを取り消すことはできませんので、これからどうするかを彼女と話し合って決めることが大切です。

 

一応学生とは言え、中学生や高校生よりも仕事に就きやすいですし、むしろ高校卒業して就職している人も普通にいますので、選択肢は豊富にあると思います。

大学生が彼女を妊娠させてしまった場合も基本的には産むのかおろすかの選択を迫られますが、産むことを決めたなら2つの方法があります。

スポンサーリンク


● 大学を辞めて結婚して働く

● 大学生活を続けながら結婚してアルバイトでお金を貯めつつ卒業してから働く

 

という2つの選択肢があります。

基本的には大学を辞めて働く人の方が多いのですが、大学をしっかり卒業してからの方が就職先の選択肢も広がるので、学生結婚して子どもを育てている人も少数ですがいます。

ですが、このケースの場合は必ずと言っていいほど両親の手助けが必要になりますね。

 

特に大学生同士での結婚で卒業するまで在籍するとなると、産まれてくる子どもの面倒を講義中は両親に見てもらうことが必要になりますし、それに大学生の親となると、年齢は50歳ほどなので、仕事している方もとても多く、休みの日以外は仕事で孫の面倒を見れない親も多いというのが現実です。

 

ですから、彼女の方だけが退学して子育てに専念するカップルもいますし、どちらとも大学を辞めて普通に生活を歩むカップルもいるのです。

それに若いとお給料も少なく生活費もままならない夫婦も少なくありませんし、学生だった場合はもちろん無職なので仕事探しも苦労することもあると思います。

 

だから必ずと言っていいほど親の援助が必要になります。

な結婚生活を歩むためにも、まずはどちらの両親にも祝ってもらえるように結婚を認めてもらうことから始まるんじゃないでしょうか。

スポンサーリンク