外国の通貨を売買 バツイチ子持ちの彼女を妊娠させてしまった場合
HOME > バツイチ子持ちの彼女を妊娠させてしまった場合

バツイチ子持ちの彼女を妊娠させてしまった場合

バツイチ子持ちの彼女を妊娠させてしまった場合、まずはもちろんお互いに「結婚する意志があるのか?」「子どもを産む意思があるのか?」ということを話し合うことが大切になりますが、産むことを決意したなら結婚する方向に向かえば問題ないでしょう。

 

ただ、相手に子どもがいる以上、結婚生活はその子と上手くやっていけるかがとても重要になります。

どうしても子どもができてしまうと、そちらばかり構いがちですが、血はつながってはいませんが、結婚された場合はどちらもあなたの子どもだということをしっかり理解した上で結婚を決めましょう。

 

それを受け止めることができないのなら、あなたは結婚しない方がいいかもしれません。

そのくらい大切なことなんです。

スポンサーリンク


わたしの友人にもバツイチ子持ちの年上の女性と結婚された方がいますが、その人は既に相手の彼女に中学生の女の子がいたので、最初は関係を築くのに苦労したと言っていました。

中学生という年齢もありますので年頃ですし、親が結婚すれば苗字も変わったりもするので学校で茶化されることもあったと思います。

 

そのため最初はなかなか喋ってもらえなかったけど、自分から話しかけていくことで段々と関係を築くことができたそうです。

ですからバツイチ子持ちの場合は、まず相手の子どもに受け入れてもらえるようにすることが大切です。

 

それに付け加え、結婚すると今まで貰っていた母子手当が貰えなくなるので、お金のことを考えると、入籍はなるべく子供が産まれる直前の方が色々恩恵を受けられることが多いと思います。

母子家庭というのは税金等も優遇されていますので、お互いにお金の余裕がない場合は入籍は子供が産まれる前に済ました方がいいかもしれませんね。

スポンサーリンク